L型カウンターを使ったボウルの設置について

こんにちわ、上田です。

本年も残すところ師走のみの冬本番に入り、

本社のある新潟では、冬支度が着々と進んでいます。

近年の住居では気密性がいい建物が増えていますが、

洗面脱衣・浴室・トイレなど、衣類を脱ぐ場所では身も凍えてしまいます。

ヒートショックにならぬよう皆様方もお気を付けください。簡易暖房機器を置いたりと!

 

さて販売している陶器・ガラスボウルは、排水栓・排水管・水栓をSETし

キャンペーン販売しています。もちろん、単体での購入も可能です。

 

陶器・ガラスボウルを乗せるカウンターの販売は、

していませんが、L型の入隅に取り付けできるカウンターは「MK-62」として

鏡付きで販売しています。ぜひ参照ください。

 

 

『陶器ボウルを使用する場合』

工場建築側の乗せるカウンターの厚さは21~30㎜が妥当になります。

※カウンター厚21㎜は取り付けする場所の幅(450㎜程度)によりますが、、、

承認図は各々ありますが、設定設置高さは施工例で書いてありますので

お客様のお好みの高さで設置してください。

陶器排水芯カウンター部分に穴をあける寸法は、60Φ以上(排水金具の関係上)で開けて頂ければ

どの陶器でも取り付けができます。(一部埋め込み陶器を除く)

 

 

『ガラスボウルを使用しる場合』

一般的に取り扱っていますガラスボウルの上部直径ですが、420Φとなります(高さは150㎜程度)

ガラスボウル排水芯カウンター部分に穴を開ける寸法は、45Φとなります。

こちらは承認図のご用意はありませんが、取り付けに関する詳細はお出しできますので

お問合せください。

 

 

他、水栓はシングルレバー混合栓を標準SET販売していますが、

オプションでSANEI水栓に変更可能な品番もございます。お問合せ時ご確認ください。

止水栓も別途販売いたしますので、ご要望であればそちらも!

 

 

床止水栓 メーカー=SANEI(V21JS-X2) 1本単価 \2.200-(税別) 定価 \5.500(税別)

 

壁止水栓 メーカー=SANEI(V22A-X2) 1本単価 \1.400-(税別) 定価 \2.900(税別)

 

上記止水栓も、廉価価格で取り扱っていますのでよろしくお願いいたします。

 

 

TRACKBACKS

COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です