冬本番の前に対策を!水道管の凍結について

こんにちわ!エムケークリエーションです^^

 

日中は日差しがあり心地よい天気ではありますがやはり夜はグッと気温が下がるのですっかり秋めいてきましたね・・・。

北海道や青森など東北地方では先日の気温低下で初雪を観測したというニュースもやっていました。

冬場特に気を付けなければならないのが水道管などの凍結ですね。

毎日使っていても夜の間に凍ってしまう、なんてことも地域によっては起こってしまいます。

特に最低気温がマイナス4℃を下回るような予報の場合は、予防策をとる必要があります。

 

 

洗面台やキッチンなどの水道管の場合は寒冷地仕様の水栓や止水栓を用意していただくのをオススメいたします。

豪雪地帯に住む方なら当然の事かもしれませんが、寒冷地仕様とはどういうものなのかというと、蛇口や水道管に溜まっている水が凍ってしまわないように、事前に水抜きの作業ができる仕様のことを指します。

 

形状や仕様は商品によって様々ですが、多くは蛇口の吐水部の根本や止水ハンドル付近に水抜き栓が付いていますので、そこを開けて中に溜まっている水を出すことができます。

 

MKの洗面台セットは通常セットの場合寒冷地仕様にはなっておりませんが、ご希望の場合はメーカー様より寒冷地仕様のものを取り寄せて販売することも可能です。

 

また、凍結防止のために少量の水を出し続けるという方法もありますがこの場合はどうしても水道代がかかってしまいますのでなるべくなら予め寒冷地仕様の洗面にしていただく方が経済的にもお得かと思います。

 

万が一凍ってしまった場合は慌てて熱湯などをかけないようにしましょう。

水道管が破裂してしまう可能性があります。

凍結箇所が分かるばあいはタオルなどで覆ったあとにぬるま湯でゆっくり溶かすようにしましょう。

 

これからさらに気温が下がり冬本番になると凍って水が出なくなった!という事例も多くなってくるでしょう。

寒冷地仕様の水栓に交換することもオススメですし、いまは凍結防止のグッズなどもホームセンターで取り扱っていますので、今のうちに対策をしておくと慌てることなく冬を越せるかと思います。

洗面台

特別価格¥44,800からご提供中

洗面台の製品一覧を見る

ショールームについて

見て!触れて!試してみよう!MKCショールーム

東京ショールーム