今、ホテルやマンションへの導入に、注目されています!

今、シャワーブースの問い合わせで、来年春、夏の完成予定で、
ホテルやマンションへの導入検討のお話を頂いております。

ユニットバスとは違い、躯体をいじらなくても、設置ができるので、
リフォーム物件でも、簡単に導入できますので、好評頂いています。

給排水があり、防水していない場所でも、設置可能です。
ケースが、漏水防止の設計になっていますので、しっかり組上げが出来れば、
漏水しません。

組立も、ほぼビス止めの作業です。ドライバーを使い慣れている方であれば、
十分組上げができます。
しかし、初めての商材なので、組立はちょっと、という方は、
関東、関西に協力店がおりますので、ご紹介いたします。
お気軽に、お問い合わせください。


MK-216は、ホテルに設置を検討されている方が多いです。

ホテルの場合は、浴槽はなくてもいいが、広い洗い場があれば。
というリクエストが多いですので、ピッタリの製品です。
高級感のある大理石柄の強化ガラスに仕上がっていますので、
そこも魅力の一つです。
強化ガラスの柄は、変更ができます。
変更する場合は、ロット(最低ロット10台)が必要ですが、
黒系、茶系とお選び頂けます。
そして、不特定多数の方がご使用ということで、飛散防止フィルムの仕様も
ご用意しています。

MK-209Bは、アパートに設置を考えている方が、多いです。

日々の生活で、毎日シャワーを浴びるだけで十分だけど、
たまに浴槽に浸かりたいという日本人であれば、誰しも思うことですね。
そんな方に、ぴったりの製品です。
浴槽には、オーバーフローが付いていますので、
肩まで、浸かるとはいきませんが、半身浴で、ゆっくり時間をかけて、
バスタイムを楽しむことは十分でき、疲れも癒されますよね。

どちらの製品も、東京展示場に展示されていますので、
実際、見て体験してみてください。

荻野

TRACKBACKS

COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です