置き型簡単組立設計のシャワーブース、ジャグジー

MKのシャワーブースは、全て置き型の製品です。
取り付ける場所で、組み立てていきます。
ですので、設置時期は、その建物完了間際で、
配管、壁、床すべて仕上がった段階の最後となります。
組み立てした後は、給排水結ばれていますし、
シャワー本体の、縦柱と強化ガラス面も、しっかりビス止めされてますので、
動かさないのがベストです。

最近、埋め込み希望する方も 増えてきています。
ベースをフラットにしたい。とのことで、
実際、ホテルやエステサロンへの導入をしています。
基本は、置き型の設計ですので、ベースのエプロンが外れる様になっています。
埋め込みしますと、そのエプロンが外せなくなり、メンテナンスができなくなります。

 

よって、壁面の入隅にくる面には、メンテナンス口を設けるようお薦めしています。
メンテナンス口が無い場合、もし、排水が詰まった等がありますと、
シャワーブースを解体しないと、メンテナンスができなくなります。
莫大なメンテンナンス料となってしまいます。

MKのジャグジーも、すべて置き型の製品です。
ブロアモーターも内臓されていますので、設置場所に置いて、
給排水を結び、コンセントをつなげば、完成です。

置くだけの簡単設計ですので、メンテナンスする場合は、
前エプロンを外しメンテナンスするか、
外れないモデルについては、本体を手前にずらし、メンテナンスをします。

よって、埋め込みの場合は、
ジャグジーの排水、給湯給水接続部分が点検できるように、
必ず、メンテナンス口が必要です。
メンテナンス口が無い場合は、ジャグジーを取り出すために、
躯体工事が必要となってしまいます。こちらも莫大な費用が発生します。


シャワーブースも、ジャグジーも、埋め込みする場合は、
必ず、メンテナンス口を設けてください。
メンテナンス口があれば、問題なく、安心です。

荻野

TRACKBACKS

COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です